「葛飾区太陽光発電所」の記事一覧

↓↓ランキングに参加しています。クリックを~!<(_ _)>
 にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

葛飾区太陽光発電所の2月度発電量

東京都葛飾区のアパート屋上設置『葛飾区太陽光発電所』の2月度発電量です。

発電所スペック
パネル容量:12kw
システム容量:10kw
設置傾斜角:10度
設置方位角:南180度
周囲からの影の干渉は、ほとんどないと思います。

葛飾区太陽光発電所の2月度売電量

発電量:1,011kwh(シミュレーション比:117%)
売電額:39,307円(kw当たり売電額:38.88円)
売電期間:1月14日~2月11日(29日間)
1kw当たりの発電量:84.25kwh
1日当たりの平均発電量(システム全体12kw):34.86kwh
1日当たり平均発電量(1kw当たり):2.91kwh

1月度に引き続き2月度も同規模の吹田市発電所と比べ、葛飾区発電所の方がかなり多いです。
2月発電量 吹田市721kwh:葛飾区1,011kwh
40%ほどの差がついています。1月は約39%の差で2月度は約40%です。2か月連続でこの差!?
36円売電の葛飾区発電所が39,307円の売電額に対し、40円売電の吹田市発電所が31,147円の売電額です。
しかも検針期間は吹田市発電所が30日間に対し葛飾区発電所は29日間と吹田市発電所の方が1日多いんですよね。

吹田市発電所の2月度発電量はシミュレーション割れもしているので心配です。

気象庁の過去データから東京と大阪の検針期間中の日射量を調べてみました。
吹田市発電所(検針期間:1月10日~2月8日):合計246.42MJ/平米
葛飾区発電所(検針期間:1月14日~2月11日):合計280.76MJ/平米
2月度検針期間中の日射量も、葛飾区発電所の方が14%ほど多かったようです。

吹田市発電所:傾斜角 5度(実際は3度くらいかも)/方位角 南東145度
吹田市発電所:傾斜角 10度/方位角 南180度

傾斜角と方位角の差は1月同様20%くらいの差があるとすると、114%×120%=136.8%・・・
まぁ、誤差の範囲かもしれませんが、吹田市発電所は注意しとかねばなりません。

葛飾区発電所はシミュレーション以上の発電量で順調です。
葛飾区発電所の1月度発電量報告の記事コメントに営農ソーラーさんからデータを貰ったのですが、
1月度の1kw当たり発電量が97.3kwh(葛飾区発電所は92.92kwh)
2月度の1kw当たり発電量が96.4kwh(葛飾区発電所は84.25kwh)
どちらも当方の発電所より多いです。
また、今年の冬は関西より関東のほうがいいみたいですね!!

葛飾区太陽光発電所の1月度発電量

東京都葛飾区のアパート屋上設置『葛飾区太陽光発電所』の1月度発電量です。

発電所スペック
パネル容量:12kw
システム容量:10kw
設置傾斜角:10度
設置方位角:南180度
周囲からの影の干渉は、ほとんどないと思います。

葛飾区太陽光発電所の1月度売電量

発電量:1,115kwh(シミュレーション比:130%)
売電額:43,351円(kw当たり売電額:38.88円)
売電期間:12月12日~1月13日(33日間)
1kw当たりの発電量:92.92kwh
1日当たりの平均発電量(システム全体12kw):33.79kwh
1日当たり平均発電量(1kw当たり):2.82kwh

1月度の発電量実績では同規模の吹田市発電所と比べ、かなり多いです。
1月発電量 吹田市804kwh:葛飾区1,115kwh
39%ほどの差がついています。1月の検針期間は共に33日間です。これは差が大きすぎない?ってことで調査してみました。
葛飾区発電所の最寄であるアメダス東京も吹田市発電所の最寄であるアメダス大阪も日射量データを公開しているので比較が容易です。

まずは気象庁の過去データから東京と大阪の検針期間中の日射量を調べてみました。
吹田市発電所(検針期間:12月8日~1月9日):合計261.09MJ/平米
葛飾区発電所(検針期間:12月12日~1月13日):合計302.24MJ/平米
1月度検針期間中の日射量は、葛飾区発電所の方が16%ほど多かったようです。でも16%です!?

次に傾斜角と方位角の差です。
吹田市発電所:傾斜角 5度(実際は3度くらいかも)/方位角 南東145度
吹田市発電所:傾斜角 10度/方位角 南180度

残念ながら管理人は傾斜角と方位角の差で、日射量にどのくらいの差が出るかの計算方法をしりません・・・誰か教えて?

ここからは感覚です。
NEDOの日射量マップによると東京12月度の傾斜角10度での斜面日射量は2.58kw/平米に対し、0度(水平面)の場合は2.14kw/平米です。
この場合の減少率は21%ほどです。
また、傾斜角10度/方位角180度での斜面日射量は2.58kw/平米に対し、傾斜角10度/方位角150度の場合は2.51kw/平米です。
この場合の減少率は3%ほどです。

吹田市発電所の傾斜角は、さすがに水平ってことはありませんので、ここまでの差はないとは思いますが方位角も南東なので20%くらいの差があってもおかしくはないと思います。

日射量で16%の差、傾斜角/方位角で20%の差とすると116%×120%=139.2%で、ピッタリなんですよね!?
まぁ、傾斜角/方位角で20%の差はないとしても誤差の範囲内ではないでしょうか?

冬場は傾斜角の差による発電量の差が大きいですね!?10度と20度でも16%ほどの差があります。

近隣に設置している方、今月の発電量はいかがですか?コメント欄に教えていただけるとありがたいです。
関東地区は、なかなか多かったのかな?

葛飾区太陽光発電所の12月度発電量

東京都葛飾区のアパート屋上設置『葛飾区太陽光発電所』の12月度発電量です。

発電所スペック
パネル容量:12kw
システム容量:10kw
設置傾斜角:10度
設置方位角:南180度
周囲からの影の干渉は、ほとんどないと思います。

葛飾区太陽光発電所の12月度売電量

発電量:892kwh(シミュレーション比:132%)
売電額:34,680円(kw当たり売電額:38.88円)
売電期間:11月12日~12月11日(30日間)
1kw当たりの発電量:74.33kwh
1日当たりの平均発電量(システム全体12kw):29.73kwh
1日当たり平均発電量(1kw当たり):2.48kwh

12月の発電量実績では同規模の吹田市発電所に比べ多いです。1日当たり1kw当たりの発電量 吹田市2.38kwh:葛飾区2.48kwh
葛飾区発電所の方が4%ほど発電量が多いです。

東京の方が晴れが多かったのか、それとも傾斜角による優位差なのか?

気象庁のデータによると、
11月度の平均全天日射量:大阪9.7(MJ/平米):東京8.3(MJ/平米)
12月度(途中)の平均全天日射量:大阪7.5(MJ/平米):東京8.1(MJ/平米)
です。

実質的な計測期間は両発電所とも11月の方が多いので、11月度の日射量が多かった吹田市発電所の方が多くてもおかしくないはず!?
でも、葛飾区発電所の方が多かったってことは、傾斜角による有意差なのだろうか?

近隣に設置している方、今月の発電量はいかがですか?コメント欄に教えていただけるとありがたいです。

葛飾区太陽光発電所の11月度発電量

東京都葛飾区のアパート屋上設置『葛飾区太陽光発電所』の11月度発電量です。

発電所スペック
パネル容量:12kw
システム容量:10kw
設置傾斜角:10度
設置方位角:南180度
周囲からの影の干渉は、ほとんどないと思います。

葛飾区太陽光発電所の11月度売電量

発電量:907kwh(シミュレーション比:137%)
売電額:35,264円(kw当たり売電額:38.88円)
売電期間:10月14日~11月11日(29日間)
1kw当たりの発電量:75.58kwh
1日当たりの平均発電量(システム全体12kw):31.28kwh
1日当たり平均発電量(1kw当たり):2.61kwh

11月の発電量実績も同規模の吹田市発電所と比べると、やや悪いです。1日当たり1kw当たりの発電量 吹田市2.85kwh:葛飾区2.61kwh
吹田市発電所の方が9%ほど発電量が多いです。

この時期は傾斜角がついている葛飾区発電所の方が有利なはずなのですが、実際は吹田市発電所の方が多いです。

気象庁のデータによると、
10月度の平均全天日射量:大阪12.4(MJ/平米):東京10.4(MJ/平米)
11月度(途中)の平均全天日射量:大阪10.3(MJ/平米):東京9.3(MJ/平米)
なので、発電量以上に日射量の差が多いので妥当なところなのかもしれません。

近隣に設置している方、今月の発電量はいかがですか?コメント欄に教えていただけるとありがたいです。

葛飾区太陽光発電所の10月度発電量

東京都葛飾区のアパート屋上設置『葛飾区太陽光発電所』の10月度発電量です。

発電所スペック
パネル容量:12kw
システム容量:10kw
設置傾斜角:10度
設置方位角:南180度
周囲からの影の干渉は、ほとんどないと思います。

葛飾区太陽光発電所の10月度売電量

発電量:1,241kwh(シミュレーション比:149%)
売電額:48,250円(kw当たり売電額:38.88円)
売電期間:9月11日~10月13日(33日間)
1kw当たりの発電量:103.42kwh
1日当たりの平均発電量(システム全体12kw):37.61kwh
1日当たり平均発電量(1kw当たり):3.13kwh

同規模の吹田市発電所と比べると、やや悪いです。1日当たり1kw当たりの発電量 吹田市3.63kwh:葛飾区3.13kwh
吹田市発電所の方が16%ほど発電量が多いです。

この時期になると傾斜角がついている葛飾区発電所の方が有利なはずなのですが・・・
地域の日射量の問題なのか?パネルの性能差の問題なのか?

シミュレーション比149%なので十分な発電量ではあります。

近隣に設置している方、今月の発電量はいかがですか?コメント欄に教えていただけるとありがたいです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ