「説明会/セミナー/見学」の記事一覧

↓↓ランキングに参加しています。クリックを~!<(_ _)>
 にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

産業用太陽光発電の補助金

住宅用の太陽光発電システムには国や自治体から補助金が出るケースが多いのですが、産業用太陽光発電システムにはあまりありません・・・

でもあるんですよ。
『再生可能エネルギー発電設備等導入促進支援復興対策事業費補助金』
http://www.jprec.jp/
長い名称ですが、東日本大震災において被害を受けた地域を再生可能エネルギーで復興しようとする補助金です!

平成25年12月20日~平成26年2月14日まで公募受付中です。

補助金は再生可能エネルギー発電設備の1/10までの金額。補助金を受けた場合はグリーン投資減税は適用できません。
公募要領は下記です。
http://www.jprec.jp/file/reconst_guideline.pdf

「特定被災区域」に太陽光発電システムを設置した場合が対象っぽいですが、会社の所在地はどこでもいいのかな?どの程度までの計画段階であれば今回の公募に応募できるのだろ?

わからないことだらけだな~って思っていたら、公募説明会があるらしい。でも、参加できるのは残り2回でした。
1月9日14:00~16:00:宮城県仙台市(終了)
1月14日14:00~16:00:福島県郡山市(終了)
1月15日14:00~16:00:東京(応募締切済み)
1月20日14:00~16:00:東京
1月22日14:00~16:00:岩手県盛岡市

説明を聞いてみなけりゃ始まらないってことで、管理人は1月20日の説明会に参加することにしました。大阪からの日帰りです。

今回の公募を逃しても、予算の範囲内で次回以降の公募も検討中だそうです(時期未定)。

50kw太陽光発電システムを見学

先日、同じ愛知県西尾市一色町に設置した50kw太陽光発電所を見学してきました!
集まったのは管理人と管理人嫁、上発電所オーナーのECOさん、同じく一色町に50kwシステムを設置予定の発電太郎さんの4人です。

管理人の太陽光発電所に集合し、その後ECOさんの発電所に移動、売りに出されている3,000坪の土地を見学後、喫茶店で情報交換しました。
14時に集合したのですが、あっという間に4時間が経過していました!

いや~、ECOさんの発電所の施工はすばらしかったです。もともと感じていたことなんですが、管理人が所有する太陽光発電システムの施工は『雑』なんですよね・・・

ECOさんのシステムでは架台にコンクリート置き基礎タイプの『ソーラーキーパー』を使用。設置角は20度で太陽光パネル下以外のケーブル類は埋設処理されています。
これ、見た目がめっちゃいいです。
架台ソーラーキーパー施工

ソーラーキーパーの設置面積が広いので、雑草対策も通常より少ない面積で済みます。万一、津波が襲ってもパネルは流されたとしてもソーラーキーパー自体は残ってるだろうと思えるくらい頑丈そうでした。

ソーラーキーパー架台自体の価格は相応に高いけど、施工費用は単管組み立ての架台よりも安くすむんじゃないかな!?トータルコストでは、やはりそれなりに高くなりそうですが!?
ECOさんが施工した時は、施工業者も太陽光発電システムの施工事例が少なく、最初にkw当たりのシステム単価が決定し、初期事例ってことで慎重に架台や施工方法が選ばれたこともあり、この施工がこの価格で?って驚くぐらい安かったです。

前から見てもパネルがピシッっと乱れなく組み立てられており(管理人のシステムはパネルごとに少し波打ってるんです・・・)、男前でした(笑)。
ECOさんの太陽光発電システム

管理人の次のシステムでもソーラーキーパーの検討もしたいと思います。架台と施工価格しだいではありますが、許容範囲なら少々高くてもそれだけの価値はありそうです!
ECOさん、発電太郎さん、ありがとうございました。

セミナーに参加してきました

遅ればせながらの報告ですが・・・

先日、記事にした和上住電さんのセミナー(事業説明会)に参加してきました。
セミナーの内容は、
1部が船井総研さんによる太陽光発電事業全般についてのセミナー
2部が和上住電の代表による分譲システムの事業説明会
でした。

船井総研さんが考えるシステムの選択基準は、
・日本の知名度のあるパネルメーカー
20年の長期にわたる投資なので、倒産の可能性が少なく、事業撤退してもフォローを受けられるメーカーってことで日本の大企業製をすすめていました。

・行ける距離にある物件
遠隔監視システムはあっても、行ってみてこそわかることもある。ってことで、気軽に行ける距離にある物件。

・架台は重要
20年の長期なので架台は重要

・融資のアドバイスが可能なメンター(税理士/事業者)
融資が前提なので、アドバイスが受けられる指導者がいること

和上住電さんの分譲システムは、上記のことをふまえています!

パネルは東芝製、パワコンはオムロン製でしっかり日本製です。東芝ならトラブル時は安心だと思います。OEMでフィリピン製ではあるのですが・・・
場所は、大阪府豊能町で大阪市内から車で30分。これは魅力ですね~。

システム容量は44kwシステム(5.5kw×8)でパネル容量は48kwです。土地は賃貸で20年後パネルごと返却です。産廃コストを考えての判断とのことです。
売電価格は36円で、システム代金以外に土地の賃料(115,200円/年)、フェンス設置代(約50万円)、電柱設置費用(約30万円)が必要になります。

場所が大阪府内、パネルが東芝製ってことを考えるとあり!といえる価格設定でした。業者さんも創立20年で住宅用施工に実績があり、施工業者さんとしては大手で信頼できる事業者さんって意味でも魅力です。
アフターもしっかりやってくれそうです(別途オプション)。
気になる点は、発電出力とパネル容量が抑えられている点、土地が賃貸で20年後は譲渡ってことでしょうか?20年後も売電価格がゼロにはならないと思うので、譲渡というのは・・・

管理人の最大のリスクヘッジはパネルは中国製でもかまわないので導入コストを抑え、さっさと投資資金を回収してしまう。管理もできることは自主管理、必要なことはその都度分離発注で安く抑える。って方針です。

なので、今回は見送りかな?
他への信用棄損がない状況で、新設法人でフルローン融資が可能なら考えてもいいかなって感じです。

兵庫県の野立て太陽光発電 事業説明会

大阪市西淀川区にある和上住電株式会社で9月28日(土)に兵庫県の野立て太陽光発電の事業説明会が開催されます。
興味のある方はいかがですか?
https://ssl87.heteml.jp/wajo/ssl-semi/mail_send.php
リンク先から申込み可能です。ちなみに管理人も参加予定です。

設置場所の詳細はわかりません・・・
兵庫県N町とだけ記載があります。どこだろ??関西在住の方は注目ではないでしょうか?

48kwのコミコミ太陽光発電システム産業用パックで販売価格は税込みで1890万円とのことです。
どこまで含まれているかが不明だし、パネルメーカや架台の種類がわからないのですが、土地付きのシステムとしては安いのではないでしょうか?
6区画の販売だそうです。

講師は和上住電の代表と船井総研の経営コンサルトです。
分譲システムなので、抑制問題のことや雑草対策等、今悩んでることも情報収集してきたいと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ