「2013年11月」の記事一覧

↓↓ランキングに参加しています。クリックを~!<(_ _)>
 にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

2013年度中の連系開始案件

業者さんから連絡がありました。

2013年度12月中に連系が開始(もうまもなくの連携で11月中の連系かもです)される案件でキャンセルが出たとのことです!!
太陽光発電システムのグリーン投資減税は『事業の用に供した日を含む年度』なので、この案件なら12月の決算の会社でも本年度(2013年)での100%即時償却が可能です。

12月決算の方で利益が出ている法人さん、個人事業主さんは節税の大チャンスです。

場所は群馬県桐生市。
NEDOのデータベースでは、設置角30度(案件の設置角ではありません)での年間平均 斜面日射量は4.15kwh/平米です。関東でも非常に日射量の多いエリアです。

1区画のパネル容量は20.44kw、パワコン容量は18kw、土地やフェンス、連系費用も全て込で1区画当たり800万円、5基合計で4000万円です。
まもなくの連系なので、即時引き渡しが可能です。

興味のある方は、お問い合わせください。

2013年11月分の発電実績

管理人が運営する太陽光発電所の11月度の発電実績です。電力会社からの検針票を転記しています。
※電力会社から11月分として報告があった受給電力量です。10月から11月にかけての実績なので、10月分にするか11月分にするか微妙ではあります。

吹田市太陽光発電所(パネル容量:12.12kw:発電出力:11kw)
売電先:関西電力
受給期間:(10月8日~11月10日 34日間)
発電量:1,013kwh
売電価格:42円(税込)
11月度売電料金:42,546円

西尾市太陽光発電所(パネル容量:60.48kw:発電出力:48.4kw x 3基)
売電先:中部電力
受給期間:(10月15日~11月14日 31日間)
発電量:システム1→4,471kwh・システム2→4,482kwh・システム3→4,482kwh
3システム合計発電量:13,435kwh
売電価格:42円(税込)
11月度売電料金:システム1→187,782円・システム2→188,244円・システム3→188,244円
3システム合計7月度売電料金:564,270円

有田市太陽光発電所(パネル容量:60.48kw:発電出力:48.4kw x 2基)
売電先:関西電力
受給期間:(10月17日~11月18日 33日間)
発電量:システム1→3,973kwh・システム2→3,636kwh
2システム合計発電量:7,609kwh
売電価格:42円(税込)
11月度売電料金:システム1→166,866円・システム2→152,712円
2システム合計7月度売電料金:319,578円

吹田市システム+西尾市システム+有田市システム:トータル発電量 22,057kwh/トータル売電額 926,394円

11月度は台風の影響もあり雨が多かったので発電量は少なめです!?

有田市システムがちょっと問題です。
雨の影響もありますが冬場にかけて影の影響をかなり受けます。パネルレイアウトを考えれば、もう少し発電量が稼げるレイアウトにできたと思うのですが・・・う~ん。

グリーン投資減税の適用年度

太陽光発電は税制面で非常に優遇されています!

償却期間17年での普通償却の他、
1.システム取得価格の100%即時償却(~2015年3月31日)
2.普通償却+取得価格の30%限度で一括償却できる特別償却(~2016年3月31日)
3.システム取得価格の7%相当額の税額控除(~2016年3月31日)
を選択可能です。
太陽光発電システムを普及させるために税制面でも優遇されているのです。

減価償却できる事業年度ですが、『事業の用に供した日を含む事業年度』とされています。ややこしいことが書かれていますが、要するに連系した日(売電開始の日)の事業年度での償却です。太陽光発電システムが竣工(完成)した日ではないので、ご注意を!

12月決算の法人や個人事業主の方は年内に連系まで済まさなければ、本年度での一括償却はできません・・・

『12月決算で即時償却できるシステム案件を知りませんか?』との問い合わせが当サイトにもよくあります。
今からシステムを設置していては絶対に間に合いません。特に中部電力以外の電力会社では低圧50kwシステムでもCTセンサー付き売電メーターが必要なのに、品不足のため竣工後連系まで何か月も待たされます。今からの設置では3月決算の会社でも、かなり厳しいです。中部電力管轄であれば、まだ間に合うと思いますが(普通の売電メーターでいいので)!?

となると、12月末までに連系が予定されている分譲システムを狙うしかありません。もし、情報がありましたら教えてください!!

もう一つ管理人は考えました!!
『事業の用に供した』ってことなので、売電さえすれば別に電力会社じゃなくてもいいんじゃないの?っと。

例えば、日産の電気自動車である日産リーフ【LEAF】への充電用に太陽光発電システムで発電した電気を売れば『事業の用に供した』ってことになるんじゃないの?
極端な話をすれば、携帯電話の充電用に発電した電気を10円で売っても、一応『事業の用に供した』ってことでは?
これらが認められるなら竣工さえ年度内に間に合えばいいことになります。

このあたり、どうなんでしょうか?
やはり税務署は認めてくれないのでしょうか?
ご存知の方、ぜひ教えてください!!

吹田市システムの保険加入

管理人が運営する吹田市アパート屋上に設置した太陽光発電システムの保険に加入しました。

このシステムは管理人が初めて設置した太陽光発電システムで、屋上面積が狭いこともあり導入したシステムは変換効率の高いパナソニックのHITです。
当時は日本製がいいと思い込んでました!?

導入費用は1kw当たり40万円(合計480万円)です。たっか~!?売電価格が42円とはいえ、今考えると高すぎる設置費用だと思います。シミュレーション通りに発電したとして、回収に10年近く必要です(幸いにしてシミュレーション以上に発電してますので回収期間はもう少し短くなりそうですが)。でも、今後もアパートやマンションの屋上に設置する場合は、売却のことも視野に入れてパネルも日本製を選択するとは思います。今なら、HITを導入するにしても売電価格の下落率(1割)以上に割安で導入できる自信があります(笑)。

システム構成はパワコン5.5kw × 2台=11kw、パネルは233w × 52枚=12.12kwのシステムです。

このシステムはアパートの屋上に設置し、盗難の心配がないので保険には加入しませんでした。パナソニックは10年間の自然災害補償にも自動加入しているしってことで。
ただ、パナソニックの自然災害補償は限度額が低いし(300万円で1回限り)、火災/地震には対応していません。火災や昨今の自然の猛威を考えると不安ではあります。

設置したアパートには火災保険に加え地震保険にも25年契約で加入しています。そこに太陽光発電システム(時価総額400万円として)を付加する形で見積ってもらいました。保険会社は損保ジャパンです。
アパートは新築後1年も経っていないので、保険期間は24年以上残っています。それで71,990円の追加でした。期間を24年とすると1年当たり3,000円ほどです。時価と考えた400万円の1%未満の保険料で地震保険にも加入できるとなれば加入するしかないでしょう!

また、同時に施設賠償責任にも加入しました。
民家が少ないエリアに設置している野立て太陽光発電システムよりも人口密集地に設置している吹田市システムの方がリスクが高いです。パネルのネジが緩んでいて台風でパネルが吹きとばされ他人に損害を与えてしまったら致命的にもなりかねません・・・
こちらは補償限度額1億円(免責5万円)の補償で年間で2,460円です。年間5,460円(売電額の1%くらい)の負担で安心が買えるなら安いものです。

これで、吹田市太陽光発電システムのリスクヘッジは完璧です!

太陽光発電所の施設賠償責任保険

以前の記事でも書いたけど、管理人は致命的なリスクに限り保険に加入しようと考えています。

管理の不備でパネルが吹っ飛ばされて、人や物に損害を与えてしまった場合、被害の損傷度合いによっては運営者側も致命的となるケースが考えられます。

そこで、太陽光発電所の火災保険を加入している保険会社に施設賠償責任を見積ってもらったところ、財物・人への賠償責任で最高補償額1億円の施設賠償責任保険で保険料が24,210円/年でした。アパート・マンションの場合、施設賠償責任の保険料は激安なので、この見積もり額では契約することができませんでした・・・

その間、台風が3回も襲ってきたのでパネルが吹っ飛ばされないかヒヤヒヤもんでした・・・特に18号はほぼ直撃だったので心配しましたよ。なんとか乗り越えてくれましたが!?

他の保険会社にも施設賠償責任保険の見積もりを依頼していたのが届きました!
身体財物共通で最高補償額1億円の施設賠償責任保険で保険料が3,070円/年(土地面積1,000平米の場合)!!ただし、最低保険料が5,000円なので、この保険だけに加入する場合は5,000円になります。

この保険料ならリスクヘッジのためにも加入するべきでしょう!
しかも、火災保険の特約ではありません。単独の保険なので、この保険だけにも加入できるのです。管理人は同一箇所に3基の発電所を運営しているので、3基加入したら9,210円です。

同じ保険なのに、なんでこんなに保険料が違うんだろ??それに、火災保険の特約(オプション)にしたほうが保険料って安くなるもんじゃないの?

ホント、保険料の算出基準ってものがわかりません・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ