「2014年2月」の記事一覧

↓↓ランキングに参加しています。クリックを~!<(_ _)>
 にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

野立て太陽光発電所は事業所得へ!

野立て太陽光発電所を運営する場合、事業所得か?雑所得か?以前は税務署によって見解が分かれていたのですが、最近は雑所得と見解が統一されたのか、税務署に問い合わせても雑所得と回答されることがほとんどでした。

ところが!!!!
資源エネルギー庁が『管理を行っている野立て太陽光発電所の場合は事業所得となる!』と発表しました。国税庁との統一見解であると思われます。
下記資源エネルギー庁のグリーン投資減税のページをご覧ください。
http://www.enecho.meti.go.jp/greensite/green/index.html

「太陽光発電設備」の導入をご検討の「個人の方」への項目にその旨の掲載があります。
次のような記載です。
出力量50kW未満の場合であっても、次のような一定の管理を行っているときなどは、一般的に事業所得になると考えられます。
1.土地の上に設備を設置した場合で当該設備の周囲にフェンス等を設置しているとき
2.土地の上に設備を設置した場合で当該設備の周囲の除草や当該設備に係る除雪等を行っているとき
3.建物の上に設備を設置した場合で当該設備に係る除雪等を行っているとき
4.賃借した建物や土地の上に設備を設置したとき
など

一般的にと記載されているのが曲者ではありますが、この記載例なら野立ての場合は事業所得にしても間違いないでしょう!でも、管理人が事業所得になると保証はできませんので、必ず管轄の税務署にお問い合わせくださいね。

事業所得にできるなら、サラリーマンの方や役員の方も給与所得との損益通算ができるので、グリーン投資減税を利用(青色申告が必要です)し、給与所得と通算で赤字にすれば大きく節税することができます。

管理人も今年は個人での所有も検討する必要ありです!!

サブコンテンツ

このページの先頭へ