「2014年4月」の記事一覧

↓↓ランキングに参加しています。クリックを~!<(_ _)>
 にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

2014年2月/3月/4月分の売電実績

更新が滞っていたので、管理人が運営する太陽光発電所の売電実績もブログでは報告してませんでした・・・
気付けば3ヶ月分も報告してなかったんですね。
ブログでは記事にしてませんでしたが、メインサイトの個別発電所のページでは発電実績を公開していました。

これからもブログはサボることがあるかもしれませんので、気になる方はメインページでご確認を!
http://www.solar-50.com/plant/suita.html
http://www.solar-50.com/plant/nishio.html
http://www.solar-50.com/plant/arita.html

それでは3ヶ月分の売電実績です!
電力会社からの検針票を転記しています。

2月度売電実績

吹田市太陽光発電所(パネル容量:12.12kw:発電出力:11kw)
売電先:関西電力
受給期間:(1月11日~2月9日 30日間)
発電量:840kwh
売電価格:42円(税込)
2月度売電料金:35,280円

西尾市太陽光発電所(パネル容量:55.44kw:発電出力:48.4kw x 3基)
売電先:中部電力
受給期間:(1月17日~2月16日 31日間)
発電量:システム1→5,559kwh/システム2→5,561kwh/システム3→5,542kwh
3システム合計発電量:16,662kwh
売電価格:42円(税込)
2月度売電料金:システム1→233,478円/システム2→233,562円/システム3→232,764円
3システム合計2月度売電料金:699,804円

有田市太陽光発電所(パネル容量:55.44kw:発電出力:48.4kw x 2基)
売電先:関西電力
受給期間:(1月17日~2月16日 31日間)
発電量:システム1→3,641kwh/システム2→3,179kwh
2システム合計発電量:6,820kwh
売電価格:42円(税込)
2月度売電料金:システム1→152,922円/システム2→133,518円
2システム合計2月度売電料金:286,440円

吹田市システム+西尾市システム+有田市システム:トータル発電量 24,322kwh/トータル売電額 1,021,524円

3月度売電実績

吹田市太陽光発電所(パネル容量:12.12kw:発電出力:11kw)
売電先:関西電力
受給期間:(2月10日~3月9日 28日間)
発電量:1,002kwh
売電価格:42円(税込)
3月度売電料金:42,084円

西尾市太陽光発電所(パネル容量:55.44kw:発電出力:48.4kw x 3基)
売電先:中部電力
受給期間:(2月17日~3月13日 25日間)
発電量:システム1→5,057kwh/システム2→5,061kwh/システム3→5,061kwh
3システム合計発電量:15,179kwh
売電価格:42円(税込)
3月度売電料金:システム1→212,394円/システム2→212,562円/システム3→212,562円
3システム合計3月度売電料金:637,518円

有田市太陽光発電所(パネル容量:55.44kw:発電出力:48.4kw x 2基)
売電先:関西電力
受給期間:(2月10日~3月17日 36日間)
発電量:システム1→4,590kwh/システム2→4,344kwh
2システム合計発電量:8,934kwh
売電価格:42円(税込)
3月度売電料金:システム1→192,780円/システム2→182,448円
2システム合計3月度売電料金:375,228円

吹田市システム+西尾市システム+有田市システム:トータル発電量 25,115wh/トータル売電額 1,054,830円

4月度売電実績

吹田市太陽光発電所(パネル容量:12.12kw:発電出力:11kw)
売電先:関西電力
受給期間:(3月10日~4月7日 29日間)
発電量:1,394kwh
売電価格:42円(税込)
4月度売電料金:58,548円

西尾市太陽光発電所(パネル容量:55.44kw:発電出力:48.4kw x 3基)
売電先:中部電力
受給期間:(3月14日~4月13日 31日間)
発電量:システム1→7,962kwh/システム2→7,968kwh/システム3→7,962kwh
3システム合計発電量:23,892kwh
売電価格:42円(税込)
4月度売電料金:システム1→334,404円・システム2→334,656円・システム3→334,404円
3システム合計4月度売電料金:1,003,464円

有田市太陽光発電所(パネル容量:55.44kw:発電出力:48.4kw x 2基)
売電先:関西電力
受給期間:(3月18日~4月15日 29日間)
発電量:システム1→5,176kwh/システム2→5,198kwh
2システム合計発電量:10,374kwh
売電価格:42円(税込)
4月度売電料金:システム1→217,392円・システム2→218,316円
2システム合計4月度売電料金:435,708円

吹田市システム+西尾市システム+有田市システム:トータル発電量 35,660wh/トータル売電額 1,497,720円

3ヶ月分まとめての公開です。

太陽光発電用土地の固定資産税

管理人が所有する西尾市太陽光発電所と有田市太陽光発電所の固定資産税納税通知書が届きました(土地)。

西尾市太陽光発電所
面積:全部で3,026平米(1基当たり約1,009平米) 固定資産税:全部で153,758円(1基当たり約51,253円)

有田市太陽王発電所
システム1 面積:2,904平米 固定資産税:3,599円
システム2 面積:858平米 固定資産税:10,038円
です。

う~ん、特に西尾市システムは高いですね・・・
ちなみに西尾市の課税明細書を見ると、地目は雑種地に変更されていました。

契約時は4筆に分かれていて、2筆(合計1,959平米)が接道していて地目が池沼、2筆(合計1,067平米)は接道してなくて地目は雑種地でした。
太陽光発電システムを設置する前の固定資産税は詳しくは覚えていないのですが、全部で5,000円くらいだったような・・・

いきなり30倍!?!?!?!?!?!?
土地の固定資産税が5万円以上となると賃貸も視野に入りますよね!?

有田市システムの方は、システム1は面積は広いのですが、傾斜地が多く土地の一部を伐採し太陽光発電システムを設置しました。
地目は山林のままですが、2,904平米の内1,166.17平米(システムを設置のため伐採した面積と思われます)で課税地目が雑種地扱い固定資産税は3,146円、伐採していないエリアは課税地目も山林のままで固定資産税は453円でした。

システム2は地目は山林ですが、課税地目は全て雑種地扱い固定資産税は10,035円でした。こちらも、太陽光発電システムを設置する前の固定資産税覚えていないけど、全部で数千円(1,000円とか)くらいだったような・・・

やはり太陽光発電システムを設置すると課税地目は雑種地になってしまいますね・・・管理人が特に役所に太陽光発電システムを設置したとの届けを出していないのですが、見事に雑種地扱いに変更されていました。

びっくりしたのは有田市のシステム1です。
同じ筆の土地なのに、伐採したエリアは雑種地扱い、伐採しなかったエリアは山林扱いになってました。当然、固定資産税評価額も異なっています。
大きな土地を購入して影とか傾斜の影響で一部の土地だけを太陽光発電に利用する場合、分筆しないと固定資産税が高くなるのかなと思っていたのですが、その必要はないのかな?それとも地方自治体によって異なるのだろうか?

固定資産税評価額の高い土地に太陽光発電システムを設置する場合は賃貸のほうがいいかもですね!
でも、地主さんは知っているのだろうか?太陽光発電システムを設置した後に固定資産税が高くなることを・・・

有田市システムの抑制問題

いや~、随分久しぶりの記事になってしまいました。
いかんな~って思いながらも、ついついサボってしまいます。ホント、継続作業ってことが苦手な管理人です・・・反省

西尾市太陽光発電システムと比べ、発電量が低い有田市太陽光発電システムですが、原因はず~っと影の影響と思い込んでました(日射量には大きな差はありません)。
ただ、明らかに影の影響があるシステム2に比べ、システムは1は構内電柱の陰の影響はあるけど、システム1のように樹木の影の影響はほぼ受けないのです。

そんな訳でシステム1の方がシステム2よりも発電量が多いのが通常ですが、なぜか4月(3/18~4/15)の発電量は、システム2の方が多かったのです。
発電量の推移→http://www.solar-50.com/plant/arita.html

普通の発電量の時間帯別推移って12時を頂上に山形になると思うのですが
(西尾市システムの推移↓)
西尾市太陽光発電所システム3の10月16日発電量

有田市のシステム1ってこんな感じなんです↓
有田市システムの時間帯別発電量
8時から15時くらいまで平らすぎない??ず~っと、不思議には思ってたんですよ!?なんで12時がピークじゃないんだ?と。

ある日、有田市システムの定期訪問に行ったら発電ランプが点滅してました(抑制中ってことです)。しかも、11台のパワコン中8台が、止むことなく点滅中です。

こりゃ、抑制だ!とこの時、初めて気づきました。orz もっと早く気づけよ~
このシステム(パワコンはオムロン)にはモニターもつけてないので、発電のログが見れないんですよね・・・遠隔監視のエコめがねも抑制の記録は見れないし・・・

有田市システムにはいろいろな問題がありすぎたこともあるのですが、この時まで気づかないないなんてお気楽すぎですよね!?

てなわけで、関西電力に連絡しました。

状況を説明したところ、ログを取って調査してくれることに!
ゴールデンウィーク明け位に回答をくれるそうです。

もしかして、有田市システムの発電量も増えるのか?期待です!!

サブコンテンツ

このページの先頭へ