「2014年5月」の記事一覧

↓↓ランキングに参加しています。クリックを~!<(_ _)>
 にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

有田市システム 抑制問題続報

こちらの記事の有田市システムの抑制問題ですが、まだ解決には至っていません。

発電所2ヶ所に発電のログを取るため関西電力にロガーを取り付けて貰い4月23日から5月1日くらいまで記録を取ってもらいました。
結果は、電線内の電圧が高く、やはり抑制が発生しているということでした。

関西電力による今後の対応策は、
変電所内の電圧を下げるので、それで様子を見て欲しいとのこと。

ただし、電圧を下げると変電所管内全体に影響があるので、ハイハイと下げることは不可能、電圧を下げる計算をするのに1ヶ月くらいはかかるとのことです(長すぎない?)。
当方の発電所は2ヶ所の変電所の末端なので、特に計算がややこしいというようなことも言っていました(ホントかどうかは知りません!)。

あと一週間くらいで関西電力が言ってた一週間です。はてさて計算結果はいかに??またブログで報告します。
ちなみに、変電所の電圧を下げてから、再度ログデータをとるそうです。

それで解決しなければ、今度はトランス(変圧器)等の設備に手を付けるとのことです。
連系している電柱にはトランスが付いていないので、トランス柱までの距離がけっこう長いんですよね・・・
管理人としてはトランスの設置費用を支払っても、さっさと連系柱に当方の発電所専用のトランスを設置したいところなんですが、関西電力曰く「そんな簡単にはいかない」とのことでした・・・

ちなみにパワコンの電圧抑制整定値は1基が108.5V、もう1基が109Vです。
管理人としては、トランスまでの距離が長いので、整定値も109.5Vなり110Vなりに上げてもらい様子を見たいところなんですが、関西電力の対応は牛歩のごとく一歩づつって感じです!?

対応が早いとは言えませんが、最終的に解決すれば良しとします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ