「2014年12月」の記事一覧

↓↓ランキングに参加しています。クリックを~!<(_ _)>
 にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

有田市太陽光発電所の12月度発電量

有田市太陽光発電所の12月度発電量です。太陽光発電システムのスペックは下記の通り。システム構成は西尾市発電所と同じです。
パネル容量:60.48kw
システム容量:48.4kw
設置数:2基
パネル傾斜角:10度
パネル方位角:南南東165度(システム1)/南南西205度(システム2)
構内電柱、電柱等の影の影響あり。システム2は12時くらいから影の影響を受け顕著な影響があります。

実績ははぴeみる電より確定売電量を転写しています。
システム1
有田市太陽光発電所 システム1の12月発電量
発電量:3,294kwh
売電額:142,300円(kw当たり売電額:43.2円)
売電期間:11月18日~12月15日(28日間)
1kw当たりの発電量:54.46kwh
1日当たり平均発電量(システム全体60.48kw):117.64kwh
1日当たり平均発電量(1kw当たり):1.95kwh

システム2
有田市太陽光発電所 システム2の12月発電量
発電量:2,651kwh
売電額:114,523円(kw当たり売電額:43.2円)
売電期間:11月18日~12月15日(28日間)
1kw当たりの発電量:43.83kwh
1日当たり平均発電量(システム全体60.48kw):94.68kwh
1日当たり平均発電量(1kw当たり):1.57kwh

2014年12月度有田市太陽光発電所 2システム合計発電量:5,945kwh
2014年12月度1kw当たりの発電量(2システム平均値):49.15kwh
売電価格:43.2円(税込)
2014年12月度有田市2システム合計売電料金:256,823円

この時期は影の影響を受けまくるので、特にシステム2の発電量が低いです。辛うじて月々の返済額(約108,000円)を上回っていますが、ギリギリです。

近隣設置の方、発電量は当発電所と比べて発電量はいかがでしょうか?

西尾市太陽光発電所の12月度発電量

愛知県西尾市の野立て『西尾市太陽光発電所』の12月度発電量です。太陽光発電システムのスペックは下記の通り。
パネル容量:60.48kw
システム容量:48.4kw
設置数:3基
パネル傾斜角:15度
パネル方位角:南西225度
周囲からの影の干渉は、ほとんどないと思います。

実績は中部電力クラブカテエネより確定売電量を転写しています。
システム1
西尾市太陽光発電所 システム1の12月発電量
発電量:4,052kwh(シミュレーション比:112%/対前年比:87%)
売電額:175,046円(kw当たり売電額:43.2円)
売電期間:11月14日~12月11日(28日間)
1kw当たりの発電量:67.00kwh
1日当たり平均発電量(システム全体60.48kw):144.71kwh
1日当たり平均発電量(1kw当たり):2.39kwh

システム2
西尾市太陽光発電所 システム2の12月発電量
発電量:4,088kwh(シミュレーション比:113%/対前年比:88%)
売電額:176,601円(kw当たり売電額:43.2円)
売電期間:11月14日~12月11日(28日間)
1kw当たりの発電量:67.59kwh
1日当たり平均発電量(システム全体60.48kw):146.00kwh
1日当たり平均発電量(1kw当たり):2.41kwh

システム3
西尾市太陽光発電所 システム3の12月発電量
発電量:4,066kwh(シミュレーション比:112%/対前年比:88%)
売電額:175,651円(kw当たり売電額:43.2円)
売電期間:11月14日~12月11日(28日間)
1kw当たりの発電量:67.23kwh
1日当たり平均発電量(システム全体60.48kw):145.21kwh
1日当たり平均発電量(1kw当たり):2.40kwh

2014年12月度西尾市太陽光発電所 3システム合計発電量:12,206kwh
2014年12月度1kw当たりの発電量(3システム平均値):67.27kwh
売電価格:43.2円(税込)
2014年12月度3システム合計売電料金:527,298円

シミュレーション比112%、対前年度比88%でした。昨年度と比べると日射量が少なかったのかな!?まさか、パネル劣化ってことはないよね?

近隣設置の方、発電量は当発電所と比べて発電量はいかがでしょうか?

葛飾区太陽光発電所の12月度発電量

東京都葛飾区のアパート屋上設置『葛飾区太陽光発電所』の12月度発電量です。

発電所スペック
パネル容量:12kw
システム容量:10kw
設置傾斜角:10度
設置方位角:南180度
周囲からの影の干渉は、ほとんどないと思います。

葛飾区太陽光発電所の12月度売電量

発電量:892kwh(シミュレーション比:132%)
売電額:34,680円(kw当たり売電額:38.88円)
売電期間:11月12日~12月11日(30日間)
1kw当たりの発電量:74.33kwh
1日当たりの平均発電量(システム全体12kw):29.73kwh
1日当たり平均発電量(1kw当たり):2.48kwh

12月の発電量実績では同規模の吹田市発電所に比べ多いです。1日当たり1kw当たりの発電量 吹田市2.38kwh:葛飾区2.48kwh
葛飾区発電所の方が4%ほど発電量が多いです。

東京の方が晴れが多かったのか、それとも傾斜角による優位差なのか?

気象庁のデータによると、
11月度の平均全天日射量:大阪9.7(MJ/平米):東京8.3(MJ/平米)
12月度(途中)の平均全天日射量:大阪7.5(MJ/平米):東京8.1(MJ/平米)
です。

実質的な計測期間は両発電所とも11月の方が多いので、11月度の日射量が多かった吹田市発電所の方が多くてもおかしくないはず!?
でも、葛飾区発電所の方が多かったってことは、傾斜角による有意差なのだろうか?

近隣に設置している方、今月の発電量はいかがですか?コメント欄に教えていただけるとありがたいです。

吹田市太陽光発電所の12月度発電量

12月10日よりホノルルマラソン参加のためハワイに行ってました!←ブログ未更新の言い訳(笑)
帰国してからの大阪は凍えるような気温・・・死にそうです。ハワイはホント過ごしやすい!!

マラソンのタイムは5時間8分51秒でした!?
完走者21,811人中(参加者は3万人越え)6,709位。当日は雨と強風のためタイムは全く伸びず(2012年参加時のタイムも下回りました)・・・

ハワイに行って驚いたのは、屋根への太陽光発電システム設置率の高さです。日本の日射量が多いエリア以上だと思う。
ハワイの電気代はアメリカでも屈指の高さだとは聞いたことあるけど、FITのようなシステムもあるのだろうか?

アパート屋上設置『吹田市太陽光発電所』の12月度発電量です。

発電所スペック
パネル容量:12.12kw
システム(パワコン)容量:11kw
設置傾斜角:5度
設置方位角:南東145度
周囲からの影の干渉は、ほとんどないと思います。

実績ははぴeみる電より確定売電量を転写しています。
吹田市太陽光発電所2014年12月実績

発電量:807kwh(シミュレーション比:142%/対前年比:94%)
売電額:34,862円(kw当たり売電額:43.2円)
売電期間:11月10日~12月7日(28日間)
1kw当たりの発電量:66.58kwh
1日当たり平均発電量(システム全体12.12kw):28.82kwh
1日当たり平均発電量(1kw当たり):2.38kwh

今月もシミュレーション比142%と満足できる発電量です。ただし、シミュレーション上は12月(年間で日射量が一番悪い月)の発電量予測に対し、実発電量は実質的には11月度の発電量なので高く出る傾向にあります。来月は逆(1月のシミュレーション予測に対し、実発電は12月度の実績)に低く出る傾向にあるので、ここを乗り切れるか!

サブコンテンツ

このページの先頭へ