有田市太陽光発電所の1月度発電量

有田市太陽光発電所の2015年1月度発電量です。太陽光発電システムのスペックは下記の通り。システム構成は西尾市発電所と同じです。
パネル容量:60.48kw
システム容量:48.4kw
設置数:2基
パネル傾斜角:10度
パネル方位角:南南東165度(システム1)/南南西205度(システム2)
構内電柱、電柱等の影の影響あり。システム2は12時くらいから影の影響を受け顕著な影響があります。

実績ははぴeみる電より確定売電量を転写しています。
システム1
有田市太陽光発電所 システム1の1月発電量
発電量:4,032kwh(シミュレーション比:105%/対前年比:121%)
売電額:174,182円(kw当たり売電額:43.2円)
売電期間:12月16日~1月19日(35日間)
1kw当たりの発電量:66.67kwh
1日当たり平均発電量(システム全体60.48kw):115.2kwh
1日当たり平均発電量(1kw当たり):1.9kwh

システム2
有田市太陽光発電所 システム2の1月発電量
発電量:3,236kwh(シミュレーション比:85%/対前年比:104%)
売電額:139,795円(kw当たり売電額:43.2円)
売電期間:12月16日~1月19日(35日間)
1kw当たりの発電量:53.51kwh
1日当たり平均発電量(システム全体60.48kw):92.46kwh
1日当たり平均発電量(1kw当たり):1.53kwh

2015年1月度有田市太陽光発電所 2システム合計発電量:7,268kwh
2015年1月度1kw当たりの発電量(2システム平均値):60.09kwh
売電価格:43.2円(税込)
2014年12月度有田市2システム合計売電料金:313,977円

冬至(12月22日)を含んだ検針期間なので、最も発電量に期待できない月です・・・
検針期間が35日と12月より長いので、12月実績より上回ってますが、1日当たりの1kw発電量を比べると下回っています。

これからは太陽がドンドン高くなってくるので今後に期待です。

近隣設置の方、発電量は当発電所と比べて発電量はいかがでしょうか?

西尾市太陽光発電所の1月度発電量

愛知県西尾市の野立て『西尾市太陽光発電所』の1月度発電量です。太陽光発電システムのスペックは下記の通り。
パネル容量:60.48kw
システム容量:48.4kw
設置数:3基
パネル傾斜角:15度
パネル方位角:南西225度
周囲からの影の干渉は、ほとんどないと思います。

実績は中部電力クラブカテエネより確定売電量を転写しています。
システム1
西尾市太陽光発電所 システム1の1月発電量
発電量:5,167kwh(シミュレーション比:110%/対前年比:97%)
売電額:223,214円(kw当たり売電額:43.2円)
売電期間:12月12日~1月15日(35日間)
1kw当たりの発電量:85.43kwh
1日当たり平均発電量(システム全体60.48kw):147.63kwh
1日当たり平均発電量(1kw当たり):2.44kwh

システム2
西尾市太陽光発電所 システム2の1月発電量
発電量:5,200kwh(シミュレーション比:111%/対前年比:98%)
売電額:224,640円(kw当たり売電額:43.2円)
売電期間:12月12日~1月15日(35日間)
1kw当たりの発電量:85.98kwh
1日当たり平均発電量(システム全体60.48kw):148.57kwh
1日当たり平均発電量(1kw当たり):2.46kwh

システム3
西尾市太陽光発電所 システム3の1月発電量
発電量:5,160kwh(シミュレーション比:110%/対前年比:98%)
売電額:222,912円(kw当たり売電額:43.2円)
売電期間:12月12日~1月15日(35日間)
1kw当たりの発電量:85.32kwh
1日当たり平均発電量(システム全体60.48kw):147.43kwh
1日当たり平均発電量(1kw当たり):2.44kwh

2015年1月度西尾市太陽光発電所 3システム合計発電量:15,527kwh
2015年1月度1kw当たりの発電量(3システム平均値):85.58kwh
売電価格:43.2円(税込)
2015年1月度3システム合計売電料金:670,766円

シミュレーション比110%、対前年度比97%でした。

近隣設置の方、発電量は当発電所と比べて発電量はいかがでしょうか?

葛飾区太陽光発電所の1月度発電量

東京都葛飾区のアパート屋上設置『葛飾区太陽光発電所』の1月度発電量です。

発電所スペック
パネル容量:12kw
システム容量:10kw
設置傾斜角:10度
設置方位角:南180度
周囲からの影の干渉は、ほとんどないと思います。

葛飾区太陽光発電所の1月度売電量

発電量:1,115kwh(シミュレーション比:130%)
売電額:43,351円(kw当たり売電額:38.88円)
売電期間:12月12日~1月13日(33日間)
1kw当たりの発電量:92.92kwh
1日当たりの平均発電量(システム全体12kw):33.79kwh
1日当たり平均発電量(1kw当たり):2.82kwh

1月度の発電量実績では同規模の吹田市発電所と比べ、かなり多いです。
1月発電量 吹田市804kwh:葛飾区1,115kwh
39%ほどの差がついています。1月の検針期間は共に33日間です。これは差が大きすぎない?ってことで調査してみました。
葛飾区発電所の最寄であるアメダス東京も吹田市発電所の最寄であるアメダス大阪も日射量データを公開しているので比較が容易です。

まずは気象庁の過去データから東京と大阪の検針期間中の日射量を調べてみました。
吹田市発電所(検針期間:12月8日~1月9日):合計261.09MJ/平米
葛飾区発電所(検針期間:12月12日~1月13日):合計302.24MJ/平米
1月度検針期間中の日射量は、葛飾区発電所の方が16%ほど多かったようです。でも16%です!?

次に傾斜角と方位角の差です。
吹田市発電所:傾斜角 5度(実際は3度くらいかも)/方位角 南東145度
吹田市発電所:傾斜角 10度/方位角 南180度

残念ながら管理人は傾斜角と方位角の差で、日射量にどのくらいの差が出るかの計算方法をしりません・・・誰か教えて?

ここからは感覚です。
NEDOの日射量マップによると東京12月度の傾斜角10度での斜面日射量は2.58kw/平米に対し、0度(水平面)の場合は2.14kw/平米です。
この場合の減少率は21%ほどです。
また、傾斜角10度/方位角180度での斜面日射量は2.58kw/平米に対し、傾斜角10度/方位角150度の場合は2.51kw/平米です。
この場合の減少率は3%ほどです。

吹田市発電所の傾斜角は、さすがに水平ってことはありませんので、ここまでの差はないとは思いますが方位角も南東なので20%くらいの差があってもおかしくはないと思います。

日射量で16%の差、傾斜角/方位角で20%の差とすると116%×120%=139.2%で、ピッタリなんですよね!?
まぁ、傾斜角/方位角で20%の差はないとしても誤差の範囲内ではないでしょうか?

冬場は傾斜角の差による発電量の差が大きいですね!?10度と20度でも16%ほどの差があります。

近隣に設置している方、今月の発電量はいかがですか?コメント欄に教えていただけるとありがたいです。
関東地区は、なかなか多かったのかな?

吹田市太陽光発電所の1月度発電量

ブログの更新が発電量実績ばっかりになってます・・・
新規案件も亀のようにゆっくりではありますが進んで行ってるので、ブログネタはあるのですが面倒さが勝ってしまって・・・
個人所有の宮崎県案件は、昨年度中に連系も完了しています。

アパート屋上設置『吹田市太陽光発電所』の1月度発電量です。

発電所スペック
パネル容量:12.12kw
システム(パワコン)容量:11kw
設置傾斜角:5度
設置方位角:南東145度
周囲からの影の干渉は、ほとんどないと思います。

実績ははぴeみる電より確定売電量を転写しています。
吹田市太陽光発電所2015年1月実績

発電量:804kwh(シミュレーション比:116%/対前年比:108%)
売電額:34,732円(kw当たり売電額:43.2円)
売電期間:12月8日~1月9日(33日間)
1kw当たりの発電量:66.34kwh
1日当たり平均発電量(システム全体12.12kw):24.36kwh
1日当たり平均発電量(1kw当たり):2.01kwh

シミュレーション比、前年比とも上回っています。
シミュレーション上は1月の発電予測に対し、実発電量は年間で日射量が一番悪い月(12月)が大半のため、低く出る傾向にあるのですが、116%なら十分すぎる発電量です。

有田市太陽光発電所の12月度発電量

有田市太陽光発電所の12月度発電量です。太陽光発電システムのスペックは下記の通り。システム構成は西尾市発電所と同じです。
パネル容量:60.48kw
システム容量:48.4kw
設置数:2基
パネル傾斜角:10度
パネル方位角:南南東165度(システム1)/南南西205度(システム2)
構内電柱、電柱等の影の影響あり。システム2は12時くらいから影の影響を受け顕著な影響があります。

実績ははぴeみる電より確定売電量を転写しています。
システム1
有田市太陽光発電所 システム1の12月発電量
発電量:3,294kwh
売電額:142,300円(kw当たり売電額:43.2円)
売電期間:11月18日~12月15日(28日間)
1kw当たりの発電量:54.46kwh
1日当たり平均発電量(システム全体60.48kw):117.64kwh
1日当たり平均発電量(1kw当たり):1.95kwh

システム2
有田市太陽光発電所 システム2の12月発電量
発電量:2,651kwh
売電額:114,523円(kw当たり売電額:43.2円)
売電期間:11月18日~12月15日(28日間)
1kw当たりの発電量:43.83kwh
1日当たり平均発電量(システム全体60.48kw):94.68kwh
1日当たり平均発電量(1kw当たり):1.57kwh

2014年12月度有田市太陽光発電所 2システム合計発電量:5,945kwh
2014年12月度1kw当たりの発電量(2システム平均値):49.15kwh
売電価格:43.2円(税込)
2014年12月度有田市2システム合計売電料金:256,823円

この時期は影の影響を受けまくるので、特にシステム2の発電量が低いです。辛うじて月々の返済額(約108,000円)を上回っていますが、ギリギリです。

近隣設置の方、発電量は当発電所と比べて発電量はいかがでしょうか?

サブコンテンツ

このページの先頭へ