九州電力が接続申込回答保留を正式発表

いや~、、困りました・・・

先日来より報道掲載されブログ等でも話題にはなっていたのですが、
九州電力が、太陽光発電設備に対する接続申込みの回答保留を公式プレス発表しました。
http://www.kyuden.co.jp/press_h140924-1.html

低圧の場合、工事費負担金請求書を送付済みの案件以外は全て保留の対象です(住宅用は除く)。
摘要開始は9月25日から保留期間は数か月とのことです。

管理人も児湯郡で接続申込中です(過去記事です↓)。
http://www.solar-50.com/blog/placement/368/

低圧5基で申込んでいましたが(みなし高圧扱い)、負担金が高額だったため低圧案件にするため4基を取り下げたばかりです(8月中旬)。
もちろん当案件も保留の対象です・・・

しかも少なくとも低圧1基の目途がついたと判断してしまい、先日に土地契約してしまったばかりなんですよね・・・

九州電力からの公式プレス発表がある前に九州電力の高鍋営業所に問い合わせをしていました。
その時は、九州電力からの正式発表ではないので高鍋営業所には一切情報が来てないのでわからないとのことでした・・・
正式に発表すれば連絡するとのことでしたが、今現在ではまだ来ていません。

連系が遅くなるのは許容範囲だけど、拒否となったら死活問題です・・・

う~ん、、、困った。

↓↓ランキングに参加しています。クリックを~!<(_ _)>
 にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

スポンサーリンク

4 Responses to “九州電力が接続申込回答保留を正式発表”

  1. 咲くちゃん より:

    最近、慌しくて、質問なんだったか忘れてしまいました。
    最近心配なのは、固定買取制度です。36円案件も接続連携開始時の価格になるとの案もありますし、早めに設置しないとなぁ。と思っています。20年間固定ってのも怪しい雲行きになったら、借り入れで行っている人は大変です。日本政策金融公庫から設立した会社でも借り入れましたか? やはり担保が必要でしたでしょうか?

    • 管理人 より:

      咲くちゃんさま

      当方も計画案件がいくつかあるので、FITの行く末がきがかりです。連系時の買取価格が適用なんてことになったら目も当てられません。方々から非難ごうごうだと思いますが。

      契約済みの20年固定買取を反故にすることは、さすがにないと思いますが・・・
      法律でも決まってるし、大手や外資ファンドがだまってないでしょう!?

      それでも強行する時は日本が崩壊しかけている時で、こんなことを言ってる場合ではない時だと思います。
      あくまで管理人の判断にすぎませんが!?

      新設法人でも日本政策金融公庫からの融資は受けています。ただ、別法人所有の不動産を担保として提供しています。

  2. 咲くちゃん より:

    こんにちは以前管理人さんに業者さんを紹介していただきまして
    1区画を設置いたしましたが、さらに3区画計画中です。東電管轄なのですが非常にこまりますね。太陽光発電設備に対する接続申込みの回答保留は・・・ 関西電力と中部電力、東京電力は大型需要もありまだいけるんじゃないかと思いますけど、北海道、東北、九州、沖縄、四国の電力会社はきびしいかもしれませんね。四国電力も回答保留をしています。しかし、私の申請中の案件は2月にだしましたが高圧並みということでかなり時間がかかっていて、先週設計に入ったばかりです。もうちょい時間がかかりそうです。回答保留におびえるばかりです。期待している案件なので是非成熟させたいです。 質問がありますが、文章が長くなりますので、後日質問というか相談に乗っていただきたい内容があります。よろしくお願いします

    • 管理人 より:

      咲くちゃん

      少し前から噂はありましたが、まさか申込済みの低圧案件にまで影響があるとは思いもよりませんでした・・・

      こちらとしては九電から回答を待つしかないのですが、困ったものです。

      慌てて申込み途中の案件がある中国電力と中部電力の管轄営業所に問い合わせましたが、いまのところ回答保留や受け付け停止は考えていないとのことでした。
      まぁ、営業所にはおりてきていないことでしょうから、わからないですけどね。

      いずれにしろ、早く負担金の請求書を出してくれるよう働きかけるしか方法はありません。

      当方でわかることでしたら、いつでもご相談ください!!

      よろしくお願いします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ