太陽光によって発電した電気は一日中使用可能なの?

太陽光発電システムによって生じた電気を一日中使うためには蓄電設備が必要となります。太陽光発電では、太陽の光が照射されているときしか発電しません。ですから、太陽が出ている昼間は電力を使うことができますが、日が暮れたり、あるいは天候が悪いときには電力を発生させないのです。その時間帯に電力を利用しようと思った場合には、蓄電しておくことが必要です。最近では、太陽光発電システムに蓄電池ユニットがセットになっている場合もありますから、一日中使いたいというのであれば、蓄電池がセットになっているシステムを導入するべきでしょう。
単に太陽電池と言った場合には、たいていは蓄電池はシステムに含まれていませんから、基本的には一日中使うことはできないと考えておくべきでしょう。これも時代によって変化していくと思いますから、将来的には蓄電池ユニットがセットになったものが普及している可能性はあります。現状では一日中は使うことができないと考えておいたほうがよいでしょう。
災害時の事を考えれば、蓄電池ユニットがあると便利です。災害時に停電になった場合には、太陽の出ている間は電力を使うことができるのですが、蓄電池がないと日が暮れた後に電力を使うことができません。蓄電池があれば、日が暮れた後にも使うことができます。容量にもよりますが、一晩くらいなら十分に使えるものが普及しています。
ただ、使わないほうが良いという現状もあります。現状では、できるだけ売電をして、そして必要な分については買電するほうがよいのです。というのも、売電価格と買電価格に差があるからです。現在では売電価格のほうが高くなっています。ですから、発生した電力はできるだけ売却し、そして使う電気はすべて電力会社から買うほうがお得です。太陽電池を普及させるためにこのような政策が取られていて、現在では導入の効果が認められています。どちらにしても、このような制度があるわけですから、経済的な利益を得るためにはこの制度を活用するべきでしょう。
具体的には、発電した電力はできるだけ使わずにそのまま売電します。そして、自分たちが使う電力は電力会社から買うのが良いのです。そのために、昼間はできるだけ節電して、昼間の電力はすべて電力会社に売電するべきです。そして、電力を発生しなくなった夜間に消費をするのが良いのです。夜間になれば電気料金はさらに安くなりますから、経済的な効果はさらに高くなると考えられます。

スポンサーリンク

このページの先頭へ