太陽光発電で発電した電気を蓄電することは可能なの?

太陽光発電のシステムのみでは、電気を貯めておくことができません。

太陽電池というネーミングから、パネルなどに電気が貯まっているイメージを持っている方もいるのではないでしょうか。
簡単にいうと、太陽光発電システムは太陽光パネルで電気を作り、パワーコンディショナでできた電気を家庭用の交流に切り替えて使用します。このシステム自体に電気を貯めておくものは入っていません。
昼間の停電時など、太陽光パネルが発電しているときに停電などがおきた場合は、通常モードから自立運転モードに切り替えれば電気を使用することができます。
しかしこの方法では、発電できない夜間などに電気を使用することはできません。
そんな夜間などのために、電気を蓄えておくことはできます。それには、蓄電池という機械が必要になります。
最近では、電気自動車、ハイブリッド自動車、電気自転車などにも使用されており、身近なものになってきています。電気自動車の中には、電源としても使用できるものも開発されています。

一般家庭の一日平均電気使用量を10キロワットくらいと仮定すると、夜間などの電気使用ピーク時に、必要な電気を蓄えておけるだけの容量の蓄電池が必要です。逆に、よほど電気を使う仕事をしていたり、多くの電気を消費するご家庭でない限りは、あまりに容量の多いものは必要ないということにもなります。
蓄電池自体は高価で、機種によっては使用できない家電製品もあります。太陽光発電の電気だけでなく、太陽光発電をしていないご家庭でも、普通のコンセントにつないでおくことで、電気をためておくことができます。
ただ、太陽光発電システムと一緒に使うことで、よりエコでクリーンな、環境に優しい電気の使い方をすることができます。
停電時だけでなく、発電ができない夜間は蓄電池に貯めた電気で生活をする。そしてまた、昼間に充電をしておく。そうすれば、電気を買うということはほとんど必要なくなるでしょう。
さらに、災害時や停電時などに電気を使うことができるという強みもあります。

高いから購入をためらっているという方には、国や自治体の補助金制度があります。
補助金があるなら買えるという価格になることもあるので、どのくらいの補助金が出るのか、自分がほしい機種に補助金制度はあるのかなどを調べてから購入すると良いでしょう。

太陽光発電と蓄電池を活用することで、よりエコでスマートな、未来型の生活をしていくことができるようになります。

スポンサーリンク

このページの先頭へ