太陽光発電システムは停電した時どうなるの?

太陽光発電システムは停電したときにも使えます。むしろ、電気が使えなくなったときのことを考えて、このソーラーパネルシステムを導入する家庭もあるほどです。たとえば、東日本大震災のような未曾有の震災があったとき、ライフラインが途絶えてしまう可能性があります。長期間による停電が起きるとなると、生活に支障をきたしてしまう可能性があります。また、震災直後は地震情報が手に入れられないと、どんな行動を起こしていいのかわからなくなってしまうこともあるでしょう。そんなとき、太陽光発電システムを導入していれば、例え停電になっていてもテレビから情報収集することができます。

しかし、通常のままでは使用できません。なぜならば、パワーコンディショナーの機能が停止してしまうからです。そのため、ソーラーパネルで発電していても、家庭で電気の使用ができないのです。この場合、パワーコンディショナーを自立運転モードに切り替え、自立運転用コンセントを利用する必要があります。

ただし、すべてのソーラーパネルシステムに自立運転用コンセントがあるわけではありません、最近の太陽光発電システムは、自立運転用コンセントがほとんどついていますが、一部の種類や工事内容によってはコンセントがない場合があります。そのため、設置前には停電時にも使いたい旨を伝えておいたほうがいいでしょう。

また自立運転用コンセントは上限が限られています。おおよそ1500Wとなります。そのため、家の電気をすべて快適に使うことは不可能となります。最低限のものだけの利用に限られるので、ぜひとも緊急時には使用する家電の種類などを確認しておきたいものです。しかし、調理をするときは調理家電、その合間をぬってテレビや携帯電話の充電などを使用すれば、効率よく使用することができます。まったく電気が使えなくなってしまうよりは、少しでも電気の存在があるとありがたいと思うはずです。

ただし、太陽の光は天気の状態によって左右されてしまうので注意が必要です。曇りや雨の場合は使えなくなってしまうことも考慮に入れておきましょう。

しかし、十分な電力が確保されているときであれば、テレビや携帯電話はもちろんのこと、電子レンジや電気ポット、冷蔵庫などもほとんど使用できます。掃除機や洗濯機も種類によっては使用することができるので、停電のときであっても、制限こそあるものの家電製品を使うメリットが大いにあると言っていいでしょう。

スポンサーリンク

このページの先頭へ