太陽光発電システムの掃除は必要ですか?

掃除の必要はありません。
太陽光発電システムを導入するにあたって、よく心配されているのがパネルの清掃です。ソーラーパネルに太陽の光を受けて電力を作りだします。当然のことながtら、光が遮られると発電効率が落ちます。分厚い雲に覆われていると、発電はほとんど期待できないと言っていいでしょう。そんなソーラーパネルだからこそ、汚れが就いたら発電効率が落ちてしまうのではないかと心配する人が多いのです。

確かに発電するためには、太陽の光をきちんととらえることが大切です。そのため、パネルが汚れていると発電効率が落ちるのは確かです。しかし、基本的に通常の泥汚れなどが雨がが降れば洗い流されてしまいます。そのため、雨ざらしになっている状態のパネルは、埃やよごれはつきますが、すぐに洗い流されるので安心して暮らすことができます。これは光触媒などの画期的な技術がソーラーパネルに使われているからです。通常の汚れであれば、特に心配することなく利用することができます。

たしかに自分で屋根の上にのって掃除をするのであれば、導入に踏み切れないという理由もわかります。しかし、ソーラーパネルはその必要がないので、安心して過ごすことができると言っていいでしょう。

しかし、定期的なメンテナンスは行うようにしたいものです。もちろん、メンテナンスが個人で行う必要はありません。基本的にはソーラーパネル業者が年1回程度の点検を設けていることがおおいので、この時屋根の上に登ってもらってパネルをみてもらうといいでしょう。どうしてもソーラーパネルを使っていると、発電効率の低下は否めません。また、パネル事態の特性以外にも、泥や埃以外の汚れもこのとき落とせばいいでしょう。たとえば、とりのフンなどがあった場合も、メンテナンス業者にお願いしてg取り除くといいでしょう。

屋根の上は思っている以上にリスクが伴います。プロでも慎重に作業をしなければ、落下の可能性があるということが否めません。素人の一般人であれば、なおさらリスクがつきまとうと言っていいでしょう。どうしても汚れが気になるという人は、屋根に上って埃んどを除去する人もいますが、あまり推奨はされていません。特に黄砂の季節は砂が気になるようですが、洗い流しても乾ききる前に再び砂が飛んでくるようであれば、さらなる汚れが付着してしまいます。それならば、自然の雨に任せたほうがよっぽど効率的と言っていいでしょう。利用者の掃除はほとんど必要ないと言ってもいいでしょう。

スポンサーリンク

このページの先頭へ