太陽光発電システムって曇りの日も発電するの?

曇りの日でも発電できる場合があります。ただし、雲の厚さにもよります。太陽の光が完全に閉ざされてしまう場合では、なかなか期待するほど電気を生産することは難しいですが、うっすらとく雲が出ている状態では、晴天のときこそ電気の生産量より落ちるものの、それでも電気を作ることが可能です。

太陽光発電システムは名前のとおり太陽の光を利用して電気を起こすシステムです。そのため、特に資源を消費せずに出さずに電気を生産する手段として、各方面から熱い注目を浴びています。太陽の光は地球に絶え間なく降り注いでいるので、これほどまでになく効率のいいエネルギー生産方法と言えるでしょう。

しかし、気になるのがソーラーパネルは曇りのときなどはきちんと動くのかどうかという点です。名前の通り、太陽の光を電気に変えるシステムです。そのため、太陽が雲で覆われてしまうと電気を作れなくなってしまうのではないかと危惧するのは当然の心理と言っていいでしょう。やはり太陽の光が少しでも失われてしまうことを恐れている人もいます。基本的には雲が出ているからといって、すぐさま電力生産に支障があるわけではありません。

おおよそ曇天と言われる薄い雲の覆われぼんやりと太陽の光がにじんでいるときには、晴天のときと比べてだいたい半分程度の電気の生産をすることができます。そのため、空に雲があるからっといって、すぐに悲観してしまわなくてもいいということになります。また、実際に完全に雲が空を覆ってしまう日はかなり少なく、東京で日照時間が完全になかった日はおおよそ60日~70日になります。要するに、300日前後は何かしら太陽の恩恵があると考えていいでしょう。そのため、太陽の光で電気を生産することを期待できるでしょう。

また、ソーラーパネルの種類によっても、同じ曇りの日でも電気の生産量が大きく異なってきます。そのため、比較的雲が出やすい地域や曇りによる電力低下をなるべく避けたいというのであれば、こうした電気の生産効率のいいソーラーパネルを選ぶといいでしょう。メーカーのホームページの商品情報はもちろんのこと、最近は太陽光発電システムの比較サイトも充実しており、より正確な情報を収集することができます。

このように太陽光パネルは曇りの日でも電力生産をすることができます、なおかつ、契約前によりよい商品を手に入れるよう検討すれば、空に雲が出ていたとしても、電気を作る

スポンサーリンク

可能性が一段と高くなります。

このページの先頭へ