太陽光発電システムは地球環境に貢献してるって本当?

太陽光発電システムを設置することで、地球環境に貢献するのは大いにあると言っていいでしょう。それは二酸化炭素を排出しないというのが大きな点です。

もともと電力発電に使用されていたのが火力発電でした。火力発電は文字通り、火の力を使って電力を起こすものですが、この火の燃料になるのが、石油や石炭です。これらが燃えるときには二酸化炭素を排出します。これによって、オゾンホールが破壊されて地球の温暖化が進んでいると危惧されています。

そこで次世代エネルギーとして、ソーラーパネルが注目をあびているわけです。ソーラーパネルの燃料は太陽の光です。それ以外の何物でもありません。そのため、太陽の光をそのまま使用し、二酸化炭素を排出するわけでもないので、温暖化防止に役立っています。そのため、火力発電よりもソーラーパネルの導入を推し進めている現状があります。他にも自然利用エネルギーとして、風力発電や水力発電もあるのですが、これらは莫大な投資費用がかかるために、なかなか瞬時に広めることは難しい発電方法と言えます。しかし、ソーラーパネルは決して安くはありませんが、一般人にも手が届く範囲の価格設定がされています。そのため、このようなクリーンエネルギーを推し進めるためにも、非常に普及させやすい発電方法と言えるでしょう。気軽に始めやすいソーラーパネルは、気軽に地球環境の改善に努められるものと言っても過言ではありません。つまり、誰もが参加できるゆえ、より多くの設置が期待でき、地球環境の貢献度としても絶対数が高くなると言っていいでしょう。

また、ソーラーパネルを処分するとき、リサイクルができる部分が多いというのも魅力的です。原子力発電所に使っているウランやプルトニウムは、使用したあとも常に残り続けます。なおかつ、処分することができないので、地中奥深くに埋めるという方法しか現状では取ることができません。つまり、有効な対応策がないのが実情です。もしかしたら、土壌汚染をする危険性もはらんでいます。もし、核廃棄物を埋め立てたところに地震が来てしまった場合、環境に与える被害は甚大なものと警鐘を鳴らす科学者もいます。

しかし、ソーラーパネルのリサイクル率は上がってきており、80%前後にまで高まっています。そのため、限りある資源を生かすという意味でも、未来に向けて安心して使用することができます。

このため、太陽気宇発電システムはあらゆる面で環境貢献度が高い発電システムと言っていいでしょう。

スポンサーリンク

このページの先頭へ