地震が来てもシステムに影響ないの?

日本では東日本大震災を皮切りに起こった原発事故をきっかけに、これまで一社による独占状態にあった電力事業を大幅に見直していく方向性が定められつつあります。原発事故は我々の暮らしを支えているエネルギー源であった原子力発電といった技術に大きな落とし穴があったことを知らしめ、なおかつこれらがひとたび機能不全に陥れば一般社会には他に電力供給を賄う代替手段がなく、ただ節電に務めるしか術がないという体制にも大きな改善の必要性が浮上しました。

そこで現在、政府と企業がともに手を携えて取り組んでいるのがグリーンエネルギーについての技術開発です。とくに太陽光を用いた自家発電システムには大きな注目が集まっています。これらを用いれば日中に空から降り注ぐ太陽光エネルギーを電気へと変換することによって家庭内への電力供給を行える他、蓄電池を利用して日中に溜めた電気を夜間に使用することも可能です。そのため一般の電力会社を経由して電力利用を行う必要性が減少し、経済的にも大きなメリットが生まれてくることになります。また、もしも自家発電した電気が余ったならば電力会社がそれらを固定価格にて買取る制度も確立されています。

ただし、多くの人にとっての心配事は地震時のことでしょう。首都直下型の大地震がいつ訪れるか分からないこのご時世に、自宅での太陽光発電は地震時でも機能しうるのでしょうか。

まずこのような非常時には電力会社の電力供給がストップして大規模な停電が起こりうることは人々も経験則から知っています。これは電力発電所をはじめとする会社側の装置に不具合が生じたり、あるいは広範囲に電力を届けるために張り巡らされた電線などが切れてしまったことによる場合もありますが、いずれにしてもこれらを修繕して供給を復活させるには大幅な時間がかかってしまいます。

自家発電を用いればこんな時でも自宅内でシステムが完結しているので、周囲の家々で電力供給がストップしていても何ら問題なく電力使用が行えるという特徴があります。震災時にも電気が使える利便性の高さは何事にも代えられないものがあります。

ただし、震災などの非常時にその真価を発揮するためにも、設備設置時には例えばソーラーパネルなどが耐震性に強い強度を保持しているかなど、専門家を交えた厳重な耐震診断を行う必要があるでしょう。

また被災時に自宅内の発電システムが故障してしまったらせっかくの自家発電が行えなくなります。常日頃からソーラーのみならず他の部位のメンテナンスなども心がけることが求められます。

スポンサーリンク

このページの先頭へ