陸屋根への太陽光パネルの一般的な設置方法は?

陸屋根(傾斜のない平面上の屋根)に太陽光発電システムを設置するためには、まずはソーラーパネルを設置するための架台が必要になります。

ソーラーパネルは傾斜(傾斜角30度が理想です)があるほうが効率よく発電できるので、傾斜を得るために架台を設置しなければならないのです。
この架台ですが、建物にしっかりと固定する必要があります。しっかりと固定しないと、強風にあおられてソーラーパネルが吹き飛ばされるということもありえるからです。吹き飛ばされることがないよう、何らかの方法で建物に固定しなければならないのです。

陸屋根では、通常は防水工事等が施工されています。ソーラーパネルを設置することによって、施工後に再び防水工事を行わなければならない事も考えられます。再防水工事が必要ってことになるとトータルの設置費用は相当高額になります。この点もふまえ総合的な収支を計算することが必要となってきます。

陸屋根にも種類があるので、常に設置できるというわけではありません。
例えば、木造でゆるい傾斜がかかっている場合には、設置することが難しい場合が多いようです(業者により技術差があるので、まずは現場を見てもらう必要があります)。

鉄骨造りで、屋上部分がコンクリートであれば設置できる場合が多いですが、ALC板(軽量の成形セメント板)の場合は設置できない場合が多いようです。新築の場合なら、いくつかの方法で設置をすることができます。

鉄筋コンクリートの陸屋根の場合には、工法によっては設置できる場合があります。既存の建物の場合には、基礎を設置することが必要となる場合もあります。その場合でも再防水処理をしなければならない場合が多いと思われます。このようなことから、多くの費用がかかる場合があるのです。

陸屋根というと、ソーラーパネルを設置しやすいように感じる人も多いようですが、既存の建物に設置する場合には架台の問題もあって設置が難しかったり、可能であっても設置費用がかさんだりする場合があります。

ただ、構造によっては設置費用がかさむというのは仕方ありません。工事見積もりを取ってみて、費用の安い設置業者を選んだ結果として、固定が十分でなく後からトラブルが生じるということも考えられます。

このようなことがないように、ずさんな工事をする業者を選ばないようにしなければなりません。口コミを調べたり、実際の施工事例を教えてもらうなどの対策が必要です。
中にはワイヤーで太陽光パネルを固定するだけというような業者もあるようですが、強度面から考えて非常に危険ですから、設置をするときには信頼できる業者を選びましょう!ある程度の施工費用は必用です。安さだけで業者を選ぶのは避けたほうが良いでしょう。

スポンサーリンク

このページの先頭へ