金属屋根への太陽光パネルの一般的な設置方法は?

金属屋根(ガルバリウム鋼板等、金属の屋根)にソーラーパネルを設置する場合には、基本的には屋根に穴を開け、そして垂木部分に架台を設置します。そしてその上にソーラーパネルを設置すると言う方法が取られます。ですから、設置はいたってシンプルといえるでしょう。

瓦屋根の場合には、一部の瓦を取りのぞいたり、あるいは瓦に穴を開けたりしなければならないのですが、金属屋根の場合にはそのまま穴を開けるというのが一般的です。

ただし、屋根に穴を開けるということですから、どうしても雨漏りの可能性が生じます。穴を開けた箇所にはコーキング処理を行うなどして防水しなければなりません。この部分がずさんで雨漏りが発生してしまうというトラブルがあるようですから、よく注意しなければなりません。

屋根に穴を開ける限り、このようなトラブルが生じるのは仕方がないこととも言えます。設置すること自体は簡単なのですが、防水に関しては施工業者ごとにノウハウがあるようです。

雨漏りの問題を回避するために、穴を開けない工法が開発されています。金属屋根には凹凸の部分がありますが、この部分に工具で締め付けて架台を固定するタイプの金具が作られています。この場合には、穴を開けることがないので雨漏りの心配がありませんし、工法も簡単になるので設置費用も安くなるという二重のメリットがあります。

もう一つ注意しておかなければならないのが屋根そのもののメンテナンスです。
どうしてもメンテナンスは必要となってくるでしょう。いったんソーラーパネルを設置してしまうと、屋根のメンテナンスをやりにくいというデメリットがあります。メンテナンスをするときにソーラーパネルをいったんはずさなければならない場合もあるのです。ですから、老朽化した屋根の場合には、屋根そのものを変えてしまうということも選択肢の一つです。ただし、そのための費用がかかりますから、投資として考えた場合には利回りが低下してしまうことが許容できるか否かです。

既存の金属屋根を活用する場合には、このような方法が基本的なものとなりますが、屋根そのものを替えてしまうという方法もあります。屋根を設置する時点でソーラーパネルを設置したほうが良いのは言うまでもありません。そこで、最近では屋根とソーラーパネルが一体化したものがあるのです。金属屋根に、すでにソーラーパネルが埋め込まれているものが販売されています。これなら雨漏りの心配もありません。

スポンサーリンク

このページの先頭へ