太陽光発電システムの騒音ってどうなの?

ソーラーパネル自体に騒音はありませんが、パワーコンディショナー関連の動作音で、若干の音が生じることがあります。そのため、事前にどの程度の音がするのかどうか確認しておくことをおすすめします。

太陽光発電システムはクリーンなエネルギーであり、なおかつ電気料金が節約できるとあって、世間から大いに注目を浴びtレイル自家発電システムです。そのため、近所でもソーラーパネルを取り付けた家がだんだんと多くなってきているのを目の当たりにしている人もいるでしょう。だからこそ、自分の家もいよいよソーラーパネルを取り付けたいと思う人も少なくないはずです。

そこで注意したいのが、運転時騒音です。どうしても機械ものを作動させるときに動作音というものが生じます。気にならない人は気にならないのですが、わずかな音でも気になる人はいます。これは時計の針を例にだすとわかりやすいでしょう。時計の針の音を気にしたことがないという人もいれば、時計の針の音が気になって仕方ないという人もいます。また、普段は気にならないのに、時々就寝のときだけ気になるという人もいます。だいたいどの程度の音が鳴るのかどうか確認しておけば、ある程度の心構えができることでしょう。

実際、運転時の騒音を発するのはパワーコンディショナー部分です。パワーコンディショナー部分は、ソーラーパネルで生産した電気を家庭用電気に変える働きをしている部分です。これは自動でスイッチが入ります。つまり太陽の光があたって発電が始まるのと同時にスイッチが入ります。これはメーカーによって異なりますが、カチッというスイッチ音が発生します。おおよそ40デシベルの大きさであり、これはエアコンの室外機にあたります。そのため、ほとんどの人が気にならないと言っていいでしょう。

ただし、注意が必要なのがパワーコンディショナーの設置場所です。メーカーによってパワーコンディショナーの設置が室内の場合があります。室外ではあまり気にならない運転時騒音も、室内の場合だと気になってしまう人もいるでしょう。太陽光発電システムが稼働するのは日中ですが、運転時騒音が気になってしまう可能性がある人は、室外に設置するタイプのものを選んだ方がいいかもしれません。

このようにパワーコンディショナーをどこにつけるかだけでも、大きく騒音対策をすることができると言っても過言ではありません。ぜひ、太陽光発電システムを導入するときは、価格面だけでなく運転時騒音についても検討しておきたいものです。

スポンサーリンク

このページの先頭へ