太陽光によって発電した電気は一日中使用可能なの?

太陽電池は、発電するときには音は発しません。ガスを使って発電するシステムでは発生することもありますが、これは稼動部分があるためです。太陽電池には稼動部分はありませんから、原理的にはうるさくなるということはありませんし、また振動も存在しないのです。太陽電池の部分では問題はないと考えておくべきでしょう。
ただし、パワーコンディショナでは、多少の音がなる場合があります。パワーコンディショナは、太陽光発電システムには必須な機器ですから、家庭用として導入するときには必ず設置しなければなりません。このパワーコンディショナが何らかの音を発することがあります。パワーコンディショナにはファンやインバータが設置されていますから、この部分が原因となります。
電力が大きくなってくるとそれなりにうるさく感じることもあります。10キロワット程度になるとかなり気になるものでしょう。ただ、うるさく感じるかどうかというのは個人差がありますから、どの電力までがうるさいかというように決めることはできません。もしも気になるのであれば、パワーコンディショナが実際に動いているときに見てみるのが良いでしょう。そして、自分の耳で確かめるのが一番確実です。
最近では完全に静かなパワーコンディショナもありますから、気になる人ならこのタイプを購入するのが良いでしょう。ただ、機能が良ければ価格も高くなるというのは当然の事だと言えるでしょう。そこまで費用をかけるべきかどうかを検討することも必要となります。
パワーコンディショナは、基本的には屋内に設置することを前提として作られています。直射日光の当たる場所や温度変化の激しい場所には設置することはできませんし、また雨風の影響を受けるところには設置できません。屋外に設置するのであれば、むき出しで設置することはできませんから、そのために何らかの設備を作ることは必要になってきます。このようなことを考えてみても、基本的には屋内に設置するべきものだといえるでしょう。
では、屋内のどこに設置するのかを考えなければなりません。常時人いないところに取り付けるというのが一般的です。例えば、玄関付近などに設置をするというのが良い方法でしょう。リビングやキッチンなどに設置をすると、かなりうるさく感じることもあると思います。寝室に設置するのは問題外だと考えておきましょう。できるだけ人がいない場所に設置するのが基本となります。

スポンサーリンク

このページの先頭へ