ソーラーパネルの一般的な寿命は?

ソーラーパネルの寿命はおおよそ20年以上持つと言われています。
しかし、実際のところ耐久年数というのは、はっきりと明確になっていない部分があります。なぜならば、ここまで爆発的にソーラーパネルが普及したのは、2000年に入ってからのことであり、今までの例が乏しく、確実な耐久年数とは言いにくい部分があります。

しかし、それでも耐久性が20年以上あるとされているソーラーパネルは長寿命と言えるでしょう。ガス給湯器などは10年が交換時期と言われており、それに比べるとはるかに長い期間の耐久性が期待できます。また、人によっては、ソーラーパネルは30年~40年持つと提唱している人もおり、より高い耐久性を期待することができます。

それでも、購入するにあたって不確定要素を残したくないという人は少なくないでしょう。そのため、ソーラーパネルの貸与年数と言われている最低20年を保証期間としているところがあります。この期間になにかパネルに不具合があれば、無償でメンテナンスを行ってくれます。そのため、万が一不具合が見つかったとしても、保証期間内であれば、追加料金を発生させる必要なくメンテナンスを受けられるのは、資産運用を考えている人にとってうれしい限りでしょう。やはり、長期的に利用するのであれば、メンテナンスをきちんと行ってくれる会社にお願いするのが鉄則でしょう。20年以上おつきあいをするため、これは欠かすことはできません。耐用年数の長さを活かして、そのままきちんと点検とメンテナンスをするようにしておけば、20年よりも長く利用することが期待できます。これならさらに採算見込みが取れると言っていいでしょう。ちょうど投資分を取り返すボーダーラインが、おおよそ10年~20年と言われているので、長い期間使用すれば使用するほどうま味がでると言っていいでしょう。

ただし、見落としてはいけないのが、太陽光発電システムはソーラーパネルだけで構成されているわけではない点です。電力を家庭用電気に変換するパワーコンディショナーがあり、これはおおよそ10年程度が交換の目安とされています。また、モニターについては通常の家電扱いなので、おおよそ10年、もしくはそれ未満での交換を検討しないといけない時期がくるかもしれません。

しかし、太陽光発電システムの最大の肝となるのはやはりソーラーパネルです。この部分が一番費用がかさむため、20年以上の長寿命が想定されているのは、利用者にとって最大のメリットと言っていいでしょう。

スポンサーリンク

このページの先頭へ