太陽光発電システムの寿命は?

太陽光発電システムを導入するときには、寿命を考えておくことも必要となります。いつまで使い続けられるのかを把握しておく必要があります。最低でも投資した資金を回収できるまでは使い続けられるということが必要となるのです。

太陽光発電システムは、原理を考えれば故障はしにくいと言えるでしょう。そして、メンテナンスもあまり必要ないのです。他の発電設備は故障することもあるのですが、なぜかというと、稼動する部分が多いからです。例えば、火力発電でも原子力発電でも、基本的にはタービンを回転させることになります。回転という力が働く以上は、磨耗することもありますから、寿命も短くなりますし、またメンテナンスも敵的にしなければなりません。風力発電も基本的には回転によって発電をしていますから、同じ原理になります。

これに比べると、太陽光発電というのは稼動部分がないために、消耗するものがありません。ですから、太陽電池モジュールそのものはほぼ永遠に使うことができると言えるでしょう。今のところは、開発されてから間もないために、実際にどれくらいまで使うことができるのかは分かっていませんが、20年以上は問題なく使うことができると考えられています。法廷耐用年数として9年が定められていますが、これは納税のために定められたものですから、実際にはもっと長く持つのです。

ソーラーパネルそのものはメーカー保証もあります。その年数は10年以上ある場合もありますし、1年の場合もありますから、購入するときの参考にするべきでしょう。ソーラーパネルの保証については、出力保証というものがなされています。例えば、10年経過では90パーセントの出力保証、25年では80パーセントの出力保証というのが一般的です。この場合、25年経過しても80パーセントの出力は保証されているわけですから、寿命としてはここまでは保証されていると考えられます。

メンテナンスとしては日照を確保するということが必要です。モジュールの一部だけが陰になってしまうと、その部分が劣化してしまうということがありますから、ですから、枯れ葉などが積もっているということのないように掃除することは必要です。汚れもきれいにふき取ることが必要となります。このようにすることによって、劣化を防ぐことはできますが、設置する場所をきちんと選んでおけば、このようなメンテナンスも基本的には不要でしょう。

スポンサーリンク

このページの先頭へ