屋根に設置すれば、雷が落ちやすくなったりしないの?

太陽光発電システムのとりつけによって雷が落ちやすくなったりはしません。そのため、安心して取り付けを検討しましょう。

やはりソーラーパネルは屋根に設置するものなので、どうしても雷が落ちやすくなるのではないかと危惧する人がいるでしょう。それは当然の心理と言っても過言ではありません。しかし、ソーラーパネルの設置によって落雷気概が増えたという例はないので、雷の増加については心配することないでしょう。

ただし、雷がまったく落ちないかという保証はありません。雷を呼び寄せることはしないものの、やはり天空に近いところに設置してある分、雷を受ける可能性はゼロではありません。そのため、きちんと確認やメンテナンスをしておくことをおすすめします。

雷が落ちると言っても、ソーラーパネル部分に落ちて本体が損傷する例は皆無と言っていいでしょう。どちらかとうと、落雷の被害が確認されているのはパワーコンディショナーの部分です。このパワーコンディショナーは発電した電気を家庭用電気に変換するところであり、この部分に落ちる可能性があります。また、屋根のどこかに落ちた雷のエネルギーが伝って、パワーコンディショナーまで到達する可能性があります。いずれにしろ、雷の影響を受けやすいのがパワーコンディショナー部分と言っていいでしょう。

雷を落ちるリスクを軽減するためには、避雷針を付けるのが得策です。これは太陽光発電システムに限らず、いろんな場所に設置されているもので、名前の通り雷を避ける効果があります。そのため、雷の被害を最小限度に抑えたいというのであれば、導入の検討をしておくといいでしょう。価格もそんなに高くはないので、導入時の値引き交渉に含んでしまう手もあります。しかし、避雷針を付けていれば絶対というものではありません。しかし、実績もありはるかにリスクを低くすることができるので、ぜひとも検討してみる価値はあります。

このようにソーラーパネルによって雷が落ちやすくなったりしないものの、雷による被害はできるだけ避けたいものです。ただし、雷が落ちたかどうかは屋根の上の出来事なので、実際に目の当たりにすることはできません、しかし、損傷すれば電力量に変化ができるので、おかしいと思ったらメンテナンスを希望しましょう。また、保証に値するかどうかを確認しておけば、落雷も怖くありません。保証期間内であれば無償でメンテナンスをしてくれるので安心です。

スポンサーリンク

このページの先頭へ