太陽光発電システムが故障した時にはどうすればいいの?

太陽光発電システムは故障しにくいという特徴はあるのですが、故障したときには修理しなければなりません。初期不良ではない限りは、導入してから数年間は故障することはないと思いますから、突然故障すると少し慌ててしまうかもしれません。ただ、いずれは故障することは珍しくないと考えておかなければなりません。まず、太陽電池モジュールは20年くらいは故障せずに使うことができますし、出力が落ちることも少なくありませんから、基本的にはメンテナンスはあまり必要がありません。これに対して周辺機器は故障する可能性があります。例えば、パワコンは基本的には10年から15年で交換することが必要となります。パワコンは寿命がありますから、購入する時点でいつ交換するべきかの計画を立てておきましょう。

では、故障した場合にはどのような手続きを取れば良いいのでしょうか。まず、保証期間内かどうかを確認する事が必要となります。太陽電池モジュールやパワコンは、長期の保証がついている場合が多いでしょう。メーカーによって異なりますが、10年から15年くらいの保証があるのが一般的です。保証期間であればメンテナンスコストを抑えることができます。収支計画を立てるときにも、保証期間ないに投資した資金を回収できるような計画を立てておくべきでしょう。
ただ、初期のころに買った場合には、補償期間が短い場合もあります。1年から2年くらいしか保証がない場合も多いでしょう。また、太陽電池モジュールの保証も、現在でも1年くらいの短いものもあります。故障したときの事を考えれば、できるだけ保障期間の長い者を選んでおいたほうがよいでしょう。

次に、修理を依頼する先ですが、付き合いのある施工業者があるのなら問い合わせてみると良いでしょう。常々お世話になっている業者や、設置してもらった業者と連絡が取れれば、その業者に依頼するのも良い方法です。

付き合いのある業者がない場合には、メーカーに連絡をするとよいでしょう。メーカーのサービスセンターに連絡をすれば、そこから販売店に連絡が行って、販売店から連絡が入ります。
保証期間内であればメンテナンスのために費用はかかりませんが、どこまでの費用が無料になるのかを確認しておくことも必要です。特殊な取り付け作業が必要となる場合には、保証の対象外の費用が発生する場合もありますから、この点についても問い合わせる段階で確認しておきましょう。

スポンサーリンク

このページの先頭へ